--以下、カノウプスカタログより抜粋--
「ヘヴィービューティー=軽い」という新たな方程式
ドラムの運搬やセッティングにおいてハードウェアの重さは悩みの種です。
この命題に対する回答として、カノウプスは60年代のヴィンテージスタイルを継承したライトウェイトハードウェアを発売しました。
しかし、その一方で、主に大音量を求めるドラマーの中には、よりヘヴィーデューティーなハードウェアを欲する声があることも事実です。
カノウプスの提唱する「ハードウェアの軽さ」を満たしながら太く、安定感のあるスタンドを開発すること……このテーマに対する新たな答えが今回発売されるハイブリッドシンバルスタンドです。
スティールよりも軽量であるアルミ材を使うことにより、「ヘヴィーデューティー=重い」という方程式に対して「ヘヴィーデューティー=軽い」という新たなる方程式が確立されました。

シンバルサウンドを殺さずに軽量化を実現シンバルスタンドの違いによってシンバルサウンドが変化することをご存知ですか?
実はスタンドの部品構成やマテリアルによって、シンバルサウンドは明らかに変わってしまいます。シンバルスタンドの本来の役目はシンバルを支えることですが、同時に、シンバルの振動に対して狂信することによりシンバルの音を充分に引き出すことも重要な要素となっているのです。
軽量スタンド開発に主眼を置くならば軽量なアルミ材を使うのが必要条件であることはいうまでもありません。我々もその考え方に従って開発を進めましたが、アルミは軽量という長所を持ちながら楽器として振動を伝えずらいという欠点があることを再認識することになったのは当然の帰結と言えましょう。
軽さを追求しつつもシンバルサウンドを殺さないための試行錯誤を2年余りにわたり続けた結果、アルミ材に「焼き入れ処理」をすることにより高度を高め、より高いピッチで共振するように改良。さらに焼入れでも解決できない振動を要求される箇所と強度を要求される箇所にはスティール材を採用しました。
こうしてシンバルサウンドを劣化させず、同時に軽量化を諮るというアルミとスティールの混合スタンド、すなわち「ハイブリッドスタンド」が登場することになったのです。

ハイブリッド化に伴う重量バランスの問題も解決
スタンドの重量バランスのよさを求めれば、スタンドはトップからボトムに向かうにつれ重くなってゆくことが理想です。しかしシンバルサウンドのよさを求めるなら、シンバルに近い部分には効果アルミよりさらに共振しやすい質量の高いスティールを採用しなければならないという矛盾を抱えることになりました。そこで、我々は、スタンドのボトム部分の構造に着目しました。
近年ドラムメーカー各社は、より多くのスタンドを狭い場所に乱立させるため三脚部が交互に組み合わせ可能なように、センターパイプのボトム部分が床から若干上がっている構造を採用しています。
それに対して我々は、脚部を開くとセンターパイプのボトムが床に近づいてゆく構造にすることによってスタンドの重臣を下げバランスと安定を確保しました。

カノウプス CBS-2HY ハイブリッドシンバルスタンドCANOPUS-その他

*【Xotic(エキゾチック)エフェクター】Bass BB PREAMP


Top