6種の代表的音色を搭載した「コンパクトなビンテージエレクトリックピアノ」

エレクトリックピアノ専用の SCM 音源(Spectral Component Modeling 音源)を搭載。
CP80をはじめ 60~70 年代の特徴的なエレクトリックピアノ、エレクトリックキーボードの音色をリアルに再現します。
トレモロやコーラス、フェイザーなどエレクトリックピアノサウンドに不可欠なエフェクターも搭載。
その種類はピアノタイプに合わせて最適な組み合わせが選択され、
シンプルな操作で当時の音の雰囲気を再現し楽しむことができます。

『reface』シリーズの特長
1.出音にこだわったプロフェッショナル・ハイグレード音源
『reface』シリーズは、DX、CS、CP、YC と歴代のヤマハシンセサイザー、ステージピアノのシリーズ名を冠し、
それぞれ特色ある音源を備えるシンセサイザーです。
プロフェッショナルシンセサイザーと同等の出力回路を搭載し、
プロフェッショナルモデルとして出音がチューニングされています。

2.「弾いていて飽きない鍵盤」を目指し、新たに開発したコンパクト鍵盤『HQ Mini』
『reface』シリーズのハイグレードな音源を最大限に生かせるコンパクト鍵盤『HQ Mini』を開発しました。
『HQ mini』はフラッグシップシンセサイザー「MOTIF XF シリーズ」に搭載された
FSX鍵盤のフィーリングを継承し、音の細やかな強弱をタッチで表現できる鍵盤です。
またこの鍵盤は、鍵盤の根元でも演奏できる構造のため、
コンパクトなサイズながら優れた演奏性を実現しています。

3.外装やノブ、スライダーなどハイグレードな質感
『reface』シリーズ 4 モデルは「ハイグレード・コンパクト」というコンセプトに沿って、
それぞれのオリジナルのデザインをモチーフに新たにデザインしたものです。
ボディー表面の仕上げ、ノブを回す際の操作感、スライダーの重みなど外装から操作子、
そして操作感に至るまで「質感」に関わる部分をブラッシュアップするため、
数多くの試作機を作り、評価会でのヒアリングを重ね、
そこで得た意見を反映させることで、コンパクトながら存在感のある質感に仕上げました。

4.内蔵スピーカーと電池駆動対応により「いつでもどこでも」を実現
『reface』シリーズは 4 モデルとも、2W×2 のスピーカーを内蔵しており
ヘッドフォンやモニタースピーカーがなくても演奏を楽しめます。
鍵盤左右のスペースにバスレフを埋め込むことで、
コンパクトなサイズながら豊かな低音感を実現しました。
また、電池駆動にも対応しているため場所を選ばずに演奏を楽しめます。

電源:電源アダプターPA-130B(またはヤマハ推奨の同等品),
電池単3乾電池×6(別売) 充電式ニッケル水素電池対応
サイズ:530(W)×175(D)×60(H)mm
質量(本体のみ):1.9kg
付属品:電源アダプター、MIDI 変換ケーブル、取扱説明書、保証書

品揃え豊富で CP reface YAMAHA SREFACECP シンセサイザー ヤマハ-キーボード・シンセサイザー

品揃え豊富で CP reface YAMAHA SREFACECP シンセサイザー ヤマハ-キーボード・シンセサイザー

 小学生の頃一つ下の幼馴染でT君って子が居て、家も近所で母親同士仲が良くて家族ぐるみで結構付き合いがあったんだけど、高学年に上がる位にT家は一軒家を購入して引越ししてしまった。 引越しといっても車で30分もすれば行ける所だったから頻繁とまで行かなくても年に数回くらいは遊びに行ったりしてた。 (母親はもうちょい頻繁だったかも)  んで、最初はあんまり気にならなかったんだ…

続きを読む

守護してくれている三本指のご先祖様

 2016.08.12     オカルト・超常現象     コメントを書く

検索

アーカイブ

怖いコピペを共有

怖いコピペSNS